おしゃれに着こなそう!

カジュアルファッション講座

カジュアルファッションが与える好感度と着方のポイント

カジュアルファッションとは、正装であるフォーマル(公式な、という意味)に対して親しみやすい印象を与えます。
たとえば会社などで休日出勤やイベントなどの際、普段はスーツ姿しか見ていなかったので、カジュアルな服装を見てイメージがアップするということがあります。
最近ではクールビズやウォームビズなどでビジネスの場面でもカジュアルな装いを求められることも増えてきました。
こういったスタイルで最も重要なのは、場をわきまえて適切なおしゃれをすることです。
いくらラフでもいいからといって、短すぎる短パンやTシャツなどではいけません。
えりつきのシャツやポロシャツなど品の良さをアピールすることが重要です。
また、色も案外重要です。
どぎつい柄や現職などはさけ、さわやかな色味で、夏は寒色、冬は暖色などを身に着けると印象が良く周りも明るくします。
組み合わせが難しいときは、デパートなどでコーディネートされているマネキンや、ファッションブランドのカタログ、雑誌などをみてとりいれてみるとよいでしょう。
上司や先輩の着こなしも参考にすると良いです。
また、これらのドレスコードの決まりは職場や集まりなどによって異なりますので、よく確認しておきましょう。

カジュアルになり過ぎないフラットシューズ!

ヒールが低めのフラットシューズは親しみやすくて、はつらつとした印象が何ともチャーミングです。
一日中立ちっぱなしだったり、歩き通しだったりという日でも、フラットシューズなら疲れにくく、仕事に集中できるというのも大きな魅力です。
一方で「カジュアル感が強く、オフィスには不向き」といった声もよく聞かれます。
そこで登場したのが、つま先のとがったフラットシューズです。
今までフラットシューズといえば、つま先が丸い、かわいらしいタイプが主流でした。
ところが多くのブランドから、「とんがりトゥ」と呼ばれるデザインが出てきています。
つま先に向けてシュッと鋭角なフォルムを描くので、想像以上に全身がスッキリ見えるのです。
つま先の部分だけ色が切り替えになっているものや、履き口にパイピングがあしらわれたものなど、デザインにワンポイントあるタイプなら、着こなしのアクセントになり、日々のコーディネートに取り入れやすいです。
着こなしは、スカートよりも細身のパンツのほうが、とんがりトゥのシャープさが映えます。
つま先が丸いものに比べて「きちんと館」が高いので、カジュアルになり過ぎず、ジャケットなど、かっちりめの服にも似合います。

pickup

名古屋 ジム

腕時計買取

給湯器の交換を検討

最終更新日:2018/11/7

COPYRIGHT(C) 2015 カジュアルファッション講座ALL RIGHT RESERVED